ずっと寄り添う恋愛学校

デートの誘いでLINEを既読スルーされた場合の対策方法【失敗談あり】

WRITER
 
デートの誘いでLINEを既読スルーされた場合の対策方法【失敗談あり】
この記事を書いている人 - WRITER -

LINEでやり取りしていた女性を食事デートに誘ったら既読スルーされてしまった・・・なにか嫌われるようなことしたかな・・・

今回はこのような、女性にLINEの既読スルーをされてしまった時の対策についてお話しします。

LINEを既読スルーされてしまった場合、「女性をデートに誘ったことが原因で嫌われたのではないか?」

このようなことを考えると、嫌われたことに対する恐怖みたいな物を感じるかもしれませんが、実はこのような状況であれば、まだ女性に嫌われたわけではありません。

適切な対策をして再度LINEを送ればもう一度LINEのやり取りができるようになる可能性がとても高いです。

その対策とは具体的に下記の通りです。

ステップ1:時間をおく(3週間〜2ヶ月)
ステップ2:待機時間にLINEスキルをみにつける
ステップ3:女性をいたわるLINEを送る

もし、あなたが女性に既読スルーをされていてどうしようか悩んでいる状況なら、このまま既読スルーを解決する行動をしないと、気になっている女性に本当に嫌われてしまいます

今回お話しする内容を実践したら女性と楽しくLINEのやり取りやデートのお誘いにOKがもらえるようになりなりますよ!

 

デートに誘ってLINEの既読スルーをされた原因とは?

デートに誘ってLINEの既読スルーをされた原因とは?

まず最初に、デートに誘って既読スルーをされたとしても、なぜ『嫌われたわけではない』と言い切れるのか?LINEが既読スルーされてしまった原因についてお話ししていきます。

女性を食事などのデートに誘いLINEを既読スルーされてしまうのは、「デートに誘うタイミングを間違えてしまった」ことが原因の大半になります。

デートに誘うタイミングが早くて、女性の警戒心が完全に解ける前に不信感を持たせてしまったため、LINEの既読スルーをして様子を見ている状態です。

 

ただ、タイミングを間違えると言っても

・誘うのが遅すぎた
・誘うのが早すぎた

と2つ考えられますよね。

この2つを比べた時に、デートに誘うタイミングが遅くて既読スルーになるは考えにくいです。

なぜなら、遅くて飽きられた場合であれば、誘う前に既読スルーになる方が多いからです。

タイミングが遅くてもデートに誘うまでLINEが続くのであれば、それだけ信頼関係ができているので、デートにも行けるんじゃないかなって思います。

では、デートに誘うタミングが早くて、女性に不信感を持たせてしまった場合はどのようにな対策をすれば良いのでしょうか?

その対策の手順についてこれからお話ししていきます。

 

 

食事などに誘うタイミングの取り方の1つとして、女性とLINEのやり取りをスタートした時と、現在のメッセージを見比べるのが有効です!

以前といまのメッセージを見比べて、明らかに心を開いている(敬語からタメ口になっているなど)等の変化があり、食事に誘うのが自然な流れを意識してみてくださいね!

らくこい先生

LINEを既読スルーされてしまった時の対策方法とは

LINEを既読スルーされてしまった時の対策方法とは

ここからは、実際に既読スルーをどのように対策していけば良いのかについてお話ししていきます。

LINEの既読スルーを解決し、女性をデートに誘ってOKをもらうための対策として有効な3つのステップになります。

 

ステップ1:時間をおく

不信感を持たれて既読スルーをされている状態の時に、一番意識していただきたいのが、「時間をおく」ということです。

具体的には、『3週間〜2ヶ月』は女性にLINEをせずに時間をおいてみてください。

ではなぜ、LINEの既読スルーをされている時に時間をおくことが重要なのかというと、「時間が不信感を払拭してくれるから」です。

忘却曲線(Wikipedia参考)という物をご存知でしょうか?

人は忘れるという機能を持ち合わせた生き物なので、良い記憶も悪い記憶も時間が経つと忘れます。
詳しくは『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にしていただきたいのですが、1ヶ月も経てばもうほとんど覚えていないです。

強い感情ほど記憶に残りやすいですが、いつまでも辛い記憶を鮮明に覚えていたらメンタルが崩壊してしまいますよね。

なので、結果的に時間をおくことで女性に与えてしまった不信感を和らげる対策になります。

 

ステップ2:待機時間にLINEスキルをみにつける

女性の不信感を和らげている3週間〜2ヶ月間に、やっとくべき対策があります。

それが、「LINEスキルをみにつける」ということです。

例えば、ステップ1の内容を実践して女性の不信感を払拭し、再びLINEでやり取りができたとします。

でも、その時にLINEスキルがなければ、またLINEを既読スルーされる可能性があります。もう、LINEを既読スルーされるのは嫌ですよね・・・

こんなことを言っても、「じゃあ、実際どうやってLINEスキルをみにつけるんだよ・・・」って思われるかもしれません。

本屋さんで心理学的な本を探してくるのも1つの手かもしれませんが、それではあまりにも時間がかかり、またタイミングを逃してしまうリスクは避けられません・・・

そこでオススメなのが、「完全無料のLINEに特化したメルマガ」に登録してスキルをみにつけることです。

このメルマガでLINEの有料級ノウハウを学べば、女性をデートに誘うタイミングを間違えて、女性に嫌われるリスクを回避できます。

それに、LINEについてまとめられているので、次に女性に連絡をする期間までに有効なスキルを覚えられます。

私も登録しましたが、最初のメールから10万円で販売されていてもおかしくない動画コンテンツを視聴できるので、学習効率も非常に高いです。

また、メルマガなので、読むのが面倒になったら1クリックで登録解除できるのでリスクもありません。登録しない理由はないですね!

こちらにリンクを貼っておきますので、女性にLINEを送るまでの準備期間中に登録しておいてください。

 

『LINEの会話講座』※完全無料、有料級の動画特典あり

 

ステップ3:女性をいたわるLINEを送る

いざ、LINEを送る時に重要なのが、「女性をいたわるメッセージを送る」ことです。

ここで、いきなり

なんでLINEくれなかったの?

男性

なんて送ると、女性は2度とLINEをくれなくなってしまいますので注意が必要です。

 

失敗談・・・

また、これは私の失敗談なのですが、

おつかれさま!体調は大丈夫?LINEの返信がないから心配したよ!

と送ったのですが、このあとLINEの返信がくることはありませんでした。

このLINEは、女性から返信がないことに対する心配をしているように見えますが、女性にLINEの催促をしてしまっていますよね。

人間には、一貫性の原理という心理が働き、一度既読スルーをしてしまうと、再びLINEを送ることに対する抵抗感が生まれてしまいます。

なので、女性がLINEの返信をしてくれないことに対する文言を入れることで、女性が心理的にLINEを送りにくくなります。

では、具体的にどのようなLINEを送ることで既読スルー対策ができるのかと言うと、

 

おつかれさま!最近仕事忙しい?無理しないようにね!

あなた

このくらいシンプルで、女性から返信がないことを心配しているメッセージを送りましょう。

女性としては、LINEを既読スルーして多少なりともあなたに対して申し訳ないという罪悪感があります。

それに対して、男性側が女性の心配をしているLINEを送ってあげることで、女性も

 

「あ、LINEを既読スルーしていたことは怒ってないんだ・・・」

 

って、精神的にも返信がしやすいです。

以上が「LINEの既読スルー対策」の手順になります。

既読スルーをされたからと言って、嫌われたわけではありません!しっかりと対策をすればLINEのやり取りが再開できますよ!

らくこい先生

まとめ:LINEの既読スルー対策は『時間とLINEスキル』

まとめ:LINEの既読スルー対策は『時間とLINEスキル』

今回は、LINEの既読スルー対策ということでお伝えしてきました。

LINEを既読スルーされてしまうと、デートに誘ったことで嫌われてしまったと思って諦めてしまう方もいますが、女性もLINEでデートに誘ったくらいでは、あなたのことを嫌いになったりしません。

ここで一度まとめますが、

ステップ1:時間をおく(3週間〜2ヶ月)
ステップ2:待機時間にLINEスキルをみにつける
ステップ3:女性をいたわるLINEを送る

参考:記事で紹介したメルマガ

『LINEの会話講座』※完全無料でいつでも解除可能

 

実際に私も複数の女性に、この対策方法でLINEを送ったことがありますが、この手順で再び女性とLINEができるようになれる確率が高かったです。

あなたも、既読スルーされてしまった女性がいたら今回お話した既読スルーの対策をステップごとに試してみてください。

LINEの既読スルーが解決できて、高い確率で女性とLINEのやり取りが再開できるようになると思いますよ!

デートのお誘いもOKがもらえるようにLINEのスキルも手に入れて、女性との楽しい時間を作っていきましょう!

それでは、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい学園 , 2020 All Rights Reserved.