ずっと寄り添う恋愛相談所

デートの誘いで、女性の返事が良くない理由と『3つの解決法』

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

デートに誘って返事を良くするにはどうしたら良い?

デートに誘って返事を良くするにはどうしたら良い?

今回は、女性をデートに誘って、高確率で良い返事をもらえるようになるためのお話をします。

 

あなたは、女性をデートに誘った時に、女性の返事がネガティブで気になったりしませんか?

せっかく勇気を出して、デートに誘っても、LINEの内容がネガティブだったり、そもそも既読スルーだったりした時って、不安になるし、ショックを受けますよね。

 

なので、女性をデートに誘って、どうやったら良い返事が来るのか、わかったら良いと思いませんか?

 

そのためには、2つのポイントがあります。

 

ポイント

・直接会っているときに、あなたともう一度デートしたいと思ってもらうこと
・女性と直接あっている時にデートの提案をすること

 

デートで女性があなたともう一回会いたいと思われるような会話については、〔デートで何話す?デートで困らなくなる『会話のポイント』を徹底解説〕で詳しくお話しているので、参考にしてみてください。

 

そして今回は、女性の返事が良くない理由と、それを解決するための、『3つの解決法』についてお話していきます。

脈ありの返事の場合

脈ありの返事の場合、基本的にデートに行けるとわかりやすい返事が来ます。

わかりやすい返事が来るといっても、どのように返事が来るのかわからなかったりするかもしれません。

 

基本的に、脈ありの返事はこの2パターンです。

 

脈ありの2パターンの返事

・OKの返事がくる
・日程が合わなくても代案がある

 

もちろん、中には、脈なしなのに、とても紛らわしい返事をしてくる女性もいますが、そのようなタイプの女性だったとしても、気にすることはありません。

 

基本的に、脈ありの2パターンの返事がきたら、脈があると思って大丈夫です。

 

では、もう少し詳しく2つのポイントについて、お話ししていこうと思います。

 

OKの返事がくる

OKの返事がきたということは、あなたとデートに行っても良いと思っているということになります。

 

これは単純で、あなたが全く興味のない女性からデートに誘われて、お断りのメッセージを送る時に、わざわざ「OK」の返事を書くでしょうか?

 

ほとんどの人はそんなことを書かないと思います。

 

これと同じで、女性もデートにいきたくなかったらOKの返事なんてしてこないです。

なので、OKの返事をもらったら、少なからずあなたに興味を持っていると考えて大丈夫です。

 

日程が合わなくても代案がある

代案があるということは、女性があなたとデートに行きたいと思っていることになります。

 

もし、女性があなたとのデートに行きたくないのだとしたら、間違いなく代案なんて出してきません。

だって、せっかく予定があるって理由でデートを断ったのに、他の日程にズラすなんてことをしてしまったら、また断らないといけなくなるからです。

 

代案がなく、こちらから他の日程を提案してOKが出た場合は、脈ありなのか脈なしなのか微妙なところになってきます。

 

理由は、デートの日が近くなってからキャンセルされる可能性がでてくるからです。

これは、あくまで体験談なので、絶対にそうなるわけではありませんが、結果的にデートに行けなかったことがありました。

 

なので、代案がなく、自分から提案してOKをもらった時には、期待半分くらいの気持ちでいた方が良いです。

 

脈のない返事の場合

脈のない返事の時には、「わかりにくい返事」のことが多々あります。

 

ネガティブなことって、あまり人に言いたくないですよね。

だから、デートのお誘いを断る時も、「あなたと一緒にデートなんてしたくありません、だからもう連絡してこないで」なんて返信は、絶対にありません。

 

そのため、デートの誘いを断る返事というのは、「わかりにくい」ことが多いんです。

 

では、どんな返事が来るのかというと、

 

脈のない返事のパターン

・断られた時に代案がない
・断った理由が不明確
・返信がこない

 

では、1つずつお話していきます。

 

断られた時に代案がない

断られて代案がない場合というのは、基本的に脈がありません。

 

もし、女性があなたのことを好きだとして、好きな人からデートに誘われたら、「女性も嬉しい」です。

しかし、あなたが提示した日程では、どうしても外せない予定がある。

そんな時どうするのかというと、好きな人とデートをするチャンスを逃さないように、何かしらの手を打ちますよね。

 

それが、「別日の提案(代案)」になります。

 

その、代案がないということは、あなたとのデートをチャンスと思ってないということになるので、脈なしということになります。

 

断った理由が不明確

断る理由が不明確な時というのは、デートの誘いに対してネガティブな返事という認識で大丈夫です。

 

不明確な断る理由

・仕事が忙しい
・(友達などと)予定がある
・(特に理由はないが)その日忙しい

 

など、特に明確な理由がないのに断ってきます。

仕事が忙しいなんて、休みの日なら仕事ではないですよね。

1週間に7日働いているなら忙しいのはわかりますが、休みの日なら終日でないにしろ時間は取れるはずなんです。

なので、仕事など忙しい等の理由で断られると言うことは、デートには行きたくないと言っているのと同じということになります。

 

あなたとデートしたいと思っている場合は、本当に仕事などで日程が合わなければ、脈ありの返事のところでお話した、『日程が合わなくても代案がある』ということです。

 

返信がこない

デートのお誘いをして、女性から返信がない場合というのは、「返信を忘れている」「返信する気がない」の2パターンになります。

 

忙しくてLINEの返信を忘れている場合であれば、もう一度LINEを送ることで解決できますが、女性が「返信する気がない」場合は、何度もLINEをしてしまうことで、「LINEストーカー」になってしまうので注意が必要です。

 

LINEの返信が返ってこない時の対処法があるので、そちらを試してみてください。

〔片思いの相手からLINEの返信が返ってこない時の3つの対処法〕で、詳しくお話ししています。

 

それでもダメな場合は、残念ですが、諦めて次の恋愛に進むことをオススメします。

 

そもそも脈なしの返事が来る理由とは

脈なしの返事が来るのは、女性と会っている時に「好意を下げている」のが原因になります。

 

女性の好意を下げる原因としては、

 

女性の好意を下げる原因

・相性が悪いと思われた
・会話が合わないと思われた
・付き合うイメージがわかない
・見た目

など…

 

これらの理由で、女性と会っている時に、「恋愛対象外」にならないことが重要になります。

一度、恋愛対象外になってしまうと、そこからの逆転というのがとても難しくなってしまうので、恋愛対象外にならないようにすることが重要です。

 

恋愛対象外にならないようにするためには、「女性の好意を下げる原因」を1つずつ潰していくのが近道になります。

 

脈がない時にどうしたら良いか?

女性の脈がない時には、「時間を置く」ことで、再び女性をデートに誘うチャンスができます。

 

よくやりがちなのが、連絡が来ないからといって、何通も何通もLINEをしてしまう方がいます。

 

私も、前に何度か連続でLINEをしてしまったために、ブロックされてしまうという、苦い思い出があります(汗)

 

これでは、「LINEストーカー」と言われてもおかしくありません…

 

そこで、有効になってくるのが「時間を置く」ということになります。

では、なぜ時間を置くことが有効なのか、これからお話ししていこうと思います。

 

解決法1:LINEの返事で脈がない時は時間をおく

人って、嫌なことは時間が経つと忘れるようにできています。

だから、どんなに辛いことがあっても、時間が解決してくれますよね。

そうしないと、いつまで経っても立ち直ることができません。

 

これと同じ原理で、LINEの返信を返すことすらしてくれなくなった女性にも、時間を置くことで、返信率を上げることができます。

 

昔の記憶が美化されるってことなんです。

 

では、実際にどれくらい時間を置いたら良いのかというと、「6ヶ月」ほど、その女性とは連絡をしないでください。

 

ただ、そんなことを言うと、「え、6ヶ月も待てないよ…」って、言われるかもしれません。

 

もし、その女性のことを諦めたくないなら、「女性のため」だと思って6ヶ月は時間を置いてください。

女性にもあなたと仲良くなるための準備期間が必要なんです。

 

デートの正しい誘い方とは

 

女性をデートに誘う正しい方法は、「女性と直接会っている時に誘う」ことです。

 

そんなことを言うと、「え、LINEで誘うために連絡先を交換してるんじゃないの?」

なんて、思う方もいるかもしれません。

 

これは、結構多くの男性がやりがちなのですが、LINEで振り向いてもらおうとしたり、LINEでデートに誘おうとしたりすると、結構失敗する確率が高くなります。

 

それがなぜなのか、これからお話したいと思います。

 

解決法2:直接会っている時にデートに誘う

私は、女性をデートに誘う時に毎回LINEで誘っていました。

でも、デートに誘いはするけど、デートに誘える確率が低いことが悩みでした。

 

なぜ、LINEでデートに誘うと、脈のない返事が来たり、既読スルーになったりするのかというと、「LINEでは無視ができる」からなんです。

 

直接会っている時に誘えば、女性も面と向かって嫌うようなことって言えないですよね。

 

「あなたのことが嫌いなので、連絡シカトします」

 

こんなことを言ってくる女性はいないと思います。

なぜなら、人って嫌われるのが嫌なので、わざわざ面と向かって嫌われるようなことはしないんです。

 

しかし、LINEでは、相手の顔が見えないし、LINE上で嫌われても、二度と会うことがないという割り切りから、既読スルーということができるんです。

 

なので、LINEでのデートの誘いは失敗率が上がってしまいます。

 

解決法3:直接会っている時にデートの約束をして相手の反応が悪い場合

直接会っている時に、デートのお誘いをして、女性の反応が悪い場合(後日連絡したら連絡が取れなくなった、デートをキャンセルされたなど)は、「デート自体が良くない」と言えます。

 

この場合は、「解決法1:LINEの返事で脈がない時は時間をおく」でお話したことを実施してもらうことになります。

 

女性にデートのお誘いをして、ネガティブな反応をされないためには、

 

女性の好意を下げる原因

・相性が悪いと思われた
・会話が合わないと思われた
・付き合うイメージがわかない
・見た目

など…

 

これらに注意してデートをすることが重要です。

 

・見た目に気を使っていないと感じているなら、おしゃれな服を買う

・会話に不安があるなら、会話に気をつかう

 

など、自分でできていないと思うことがあれば、改善するように努力してみてください。

 

デートの誘いの返事について:まとめ

今回は、デートの誘いの返事についてお話しました。

 

一度まとめておきたいと思います。

 

まとめ

・脈アリの返事の場合
・脈のない返事の場合
・そもそも脈なしの返事が来る理由とは?
・脈がない時にどうしたら良いか?
・デートのお誘いはLINEではなく会っているとき

 

女性から脈ありの返事が来れば良いですが、脈なしの返事が来た場合、どのように対応しないといけないのか?

このような状況にならないための解決策は下記の通りです。

 

3つの解決方法

解決法1:LINEの返事で脈がない時は時間をおく
解決法2:直接会っている時にデートに誘う
解決法3:直接会っている時にデートの約束をして相手の反応が悪い場合

 

直接会っている時にデートの約束をするのは、少々難しく感じかもしれません。

私もLINEでデートに誘う方が気が楽だったりするので…(汗)

 

でも、直接会っている時に誘った方が、女性も嬉しいですし、スピード感もあるので、直接女性と会っている時に誘ってみてください。

 

それでは、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい , 2018 All Rights Reserved.