ずっと寄り添う恋愛相談所

デート1回目で告白?告白しても良いベストなタイミングとデメリット!

WRITER
 
デート1回目で告白?告白しても良いベストなタイミングとデメリット!
この記事を書いている人 - WRITER -

デート1回目で告白するのに必要なものは?

デート1回目で告白するのに必要なものは?

今回は、1回目のデートで告白する時は、女性との「関係性」をしっかり確認しましょう、というお話をします。

 

大好きな女性と念願の初デート!自分の気持ちに白黒付けたくてデート1回目なのにも関わらず、告白したい欲求が我慢できなくなったことはありませんか?

 

でも、1回目のデートで告白をして、「女性に引かれるんじゃないか…」

と不安になると思います。

 

ただ、デート1回目で告白して付き合える人の話も結構聞いたりしますし、付き合える人と、付き合えない人の違いって、なんなのでしょうか?

 

先に結論を言うと、女性があなたと付き合いたいと思っているのなら、デート1回目で告白しても付き合うことができます。

 

なので、デート1回目で告白したいのなら、付き合えると確信してから告白してください。

 

女性があなたと付き合いたいと思っているか?確認してから告白すれば、デート1回目であろうと、女性と付き合うことができますよ。

 

今回は、そんなデート1回目での告白について詳しくお話していきます。

 

デート1回目で告白しても良いのか?

デート1回目で告白して良いのかについてお話すると、結論は「告白しない方が良い」です。

 

1回目で告白しても良い場合もありますが、1回目のデートで告白してしまうと、女性との関係性もあまり構築できていないですし、お互いのことをあまり知らないまま付き合うことになるので、価値観の違いなどが出てきたりします。

 

あとは、この後お話しますが、デート1回目で告白するデメリットというものもあるので、その点をしっかり理解した上で告白するのであれば、デート1回目で告白するのも良いと思います。

 

デメリットとは?

デート1回目で告白するデメリットは、「女性をびっくりさせてしまう」ということです。

 

一般的には、何回かデートをして、お互いのことを知っていく上で、好きになって付き合う。

と、いうのが流れです。

 

特に、女性は男性みたいに一目惚れとうことはあまりありません。

男性は、一目惚れというのが結構あったりするので、デート1回目でも告白したくなりますが、女性は、徐々に好きになっていくので、そこにギャップがあるんですね。

 

なので、女性の立場からみたら、男性側にこのようなデメリットがあります。

 

デート1回目で告白するデメリット

・警戒される
・女性の心の準備ができていない
・体目的と思われる可能性がある

 

これから、1つずつ詳しくお話ししていこうと思います。

 

警戒される

女性が男性のことを好きという状態でない時に告白をすると、女性が「びっくり」してしまいます。

 

まだ告白なんてされないと思っていた男性からいきなり告白されたことで、「警戒」されてしまうんですね。

 

女性は、まだ好きではないという状態の男性に告白されても、「付き合ってから好きになっていこう」って価値観の人は少ないです。

 

好きだから付き合うし、好きでないなら付き合いません。

なので、好きでない男性から告白されることで、基本は断るのですが、告白を断ることによって、「何かされないだろうか…」っていう、不安を抱えることになります。

 

そうなると、警戒されてしまいます。

 

なので、いくらあなたが気持ちの整理をつけたいとしても、女性のことを考えて、一度冷静になった方が良いです。

 

女性の心の準備ができていない

これも、「警戒される」のところでお話した通りです。

 

心の準備ができていないから、警戒されます。

 

あと、もし、「考えさせて」などの返答をもらい、その後もデートができたとしても、警戒心が一度できてしまうと、なかなか心を開いてくれなくなります。

 

そうなってしまうと、その女性と打ち解けるのはかなり大変です。

そうならないためには、2回3回とデートをしてから告白することをオススメします。

 

体目的と思われる可能性がある

女性は、男性よりも心の繋がりを大切にしていることが多く、デート1回目で告白することで、「体目的なのでは?」と思われる可能性があります。

 

女性は、基本的に数回男性とデートをして、その中で徐々に好きなっていくというのを求めている傾向にあります。

 

だから、1回目のデートで告白されると、しっくりこないんです。

 

なので、女性の中では、「この人本当に私のこと好きなのかな?体目当てだから好きとか言ってるだけだったりしないかな…?」

 

って、考える人もいます。

 

なので、このあたりは、恋愛話をしてみて、デート1回目で付き合ったことがある女性なら、告白しても大丈夫そうかな?

 

などの、確認が必要になります。

 

恋愛話なんて女性としたことないよ…って方は、恋愛話について、〔恋愛経験なくてもできる!デートで恋愛話をする理由と5つのポイント!〕で、お話しているので、参考にしてみてください。

 

そもそも告白して良いタイミングとは?

デート1回目で告白はしない方が良いというお話をしてきました。

 

一般的に1回目のデートで告白するのは、タイミングが早いのですが、じゃあ、「どのタイミングで告白すれば良いんだよ…」

 

って、思われるかと思います。

(これは、特に、デートの回数的なことのお話で!)

 

私も、どれくらいデートをしてから告白すれば良いのか、どういうロケーションで告白すれば良いのか全然わかりませんでした(汗)

 

なので、これからデートで告白するタイミングでのポイントを2点お話します。

 

告白するタイミングのポイント2点

・告白するのにデートの回数は関係ない
・付き合えると確信した時

 

では、これから詳しくお話していきます。

 

告白するのにデートの回数は関係ない

告白するのに、「デートの回数」は関係ありません。

 

そんなことを言うと、「さっきまで、デート1回目で告白はダメだっていてただろ!」

って、言われてしまいそうですよね(汗)

 

確かに、デート1回目で告白するのは、オススメはしないのですが、デート1回目で告白して付き合える場合も全然あります。

 

なんだったら、出会い系アプリなどだったら、メッセージのやりとりだけで、デートを1回もすることなく、電話などで告白して付き合うこともできるくらいです。

 

なので、女性と3回デートしないと付き合うことができない…などという訳ではなく、あくまで女性との関係性によって決まるということになります。

 

付き合えると確信した時

デート1回目で告白をして女性と付き合うには、「告白をして女性と付き合えると確信した時」に告白してください。

 

ネットや本などで、女性に告白するには、ロマンチックに素敵な場所で告白しましょう。

なんて、書かれていたりしますが、実際には、好きな人から告白されたら、どんな場所だろうと嬉しいものです。

(私の知り合いで、ピザをもぐもぐ食べながら告白して付き合ったって人もいました!)

 

もちろん、ある程度、個室の居酒屋で薄暗い神秘的な場所や、夜景がキレイであまり人がいないような場所など、気を使ってあげた方が良いです。

その方が、女性も雰囲気で察してくれるので、いきなり告白されてびっくりしてしまうなどのリスクが無くなります。

 

しかし、それ以上に大事なのが、女性があなたのことをどう思っているのか?

って、ところです。

 

女性があなたのことを好きで、付き合いたいと思っているのであれば、居酒屋だろうが、観覧車の中だろうが、公園のベンチだろうが、ピザを食べながらだろうが、付き合うことができますよ。

 

デート1回目で告白した方が良い場合

デート1回目で告白した方が良い場合とは、「女性が告白を待っている時」ということになります。

 

女性があなたのことを好きで、すぐにでも告白して欲しいという場合であれば、1回目で告白しても良いです。

 

ただ、いくら女性があなたのことが好きで告白して欲しいと思っていても、デート1回目で告白するのは早いと思う女性もいるので、その時は、誠意を持って告白するのが良いです。

(何度かデートをして信頼関係ができているなら、シンプルに告白した方が良いです!)

 

そうすることで、女性にもあなたの気持ちが伝わり、OKの返事をもらいやすくなりますよ。

 

逆に、デート1回目の告白で誠意が感じられないと、体目的など、女性を警戒させる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

デート1回目で告白はできるのか?:まとめ

今回は、1回目のデートで告白ができるのかについてお話しました。

 

ここで一度まとめておきたいと思います。

 

まとめ

・デート1回目で告白しても良いのか?
・デメリットとは?
・そもそも告白して良いタイミングとは?
・デート1回目で告白した方が良い場合

 

自分の気持ちに白黒つけてくても、デート1回目で告白するのは、リスクがあります。

 

その時は、一度冷静になってみてください。

 

そして、告白する時は、女性と付き合えると確信できたときに、告白をすれば、自然と良い結果に繋がっていきます。

 

それでは、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい , 2018 All Rights Reserved.