ずっと寄り添う恋愛学校

デートで女性に告白をする4つのポイントを徹底解説!【失敗しない】

WRITER
 
デートで告白を成功させる方法を徹底解説!理想の女性と付き合うには?
この記事を書いている人 - WRITER -

この授業では、

・デートで告白を考えているけど勇気がでない・・・
・告白を考えているけど失敗したくない・・・
・デート中に告白を成功させたい!

このような悩みを持っている方に向けてお届けします!

らくこい先生

 

気になる女性に告白したいけど、告白を成功させるにはどうしたらいいの?

デート、告白1

片思いの女性に告白を考えているけど、告白をしてOKの返事がもらえるか不安だと感じている男性は多いと思います。

 

 

簡単な自己紹介をしておくと、私は27年間全く彼女がいませんでしたが、25歳のときから恋愛について必死に学習し、3年間で30名以上の新規の女性とデートをして7名と付き合うことができました。

人数はあまり多くはないですが、二股をしていないので、期間的に正当な人数かなと思います。

 

 

片思いの女性に告白をして失敗してしまう原因は、女性に告白ができるタイミングを無視して告白をしてしまっていることです。

そこでこの授業では、告白に関する4つのポイントをご紹介します。

この授業を受けることで、女性に告白するベストな状況を判断することができるようになるので、告白をしたときの成功率がとても高くなりますよ。

 

デートで告白を成功させるポイント1:告白をするタイミングはデート何回目?

デート、告白2

まずは、デートで女性に告白をするときに重要なデートの回数についてお話しします。

 

よく、このような質問を受けます。

 

「気になる女性に告白をしょうと思っているのですが、何回目のデートで告白をするのがベストなタイミングですか?」

 

このようなことを疑問に思ったことがある方もいるかもしれません。

何回デートをしたら女性と付き合えるようになるって答えがあるとしたら、自信を持って告白をすることができるようになりますよね。

 

では、結果として何回目のデートで告白をすれば良いのでしょうか?

結論を言うと、何回目のデートで告白すれば良いという答えはありません。

重要なのは、女性に告白して付き合えると確信してから告白するということが重要です。

女性に告白をしたら、

 

「まあ、間違いなくOKの返事をもらえるだろうな!」

 

って確信を持っている状態で告白をすれば、ほぼ間違いなくOKの返事をもらえそうではないですか?

もちろん、デート中に自分に対して好意を持ってもらえているなという事実があった上でです。

例えば、女性の許可があった上でデートの帰りに手をつないで帰ったことがあるなどですね。

 

このような、いま告白をすればほぼOKの返事がもらえるようなタイミングで告白をするということが重要になってきます。

 

告白をするタイミングについては、下記の授業で詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

デートで告白を成功させるポイント2:告白が成功するタイミングとは!

デート、告白5

デートで告白を高確率で成功させるには、女性に告白が成功するタイミングとを把握するということはとても重要です。

告白ができる状態かどうかを確認するためのポイントを3つご紹介しいます。

 

ポイント①女性の反応が良いと直感で判断しない
ポイント②脈ありか確認するテクニックを使用する
ポイント③告白されるのではと女性に気づいてもらう

 

それぞれ詳しく解説をしていきます。

 

ポイント①:女性の反応が良いと直感で判断しない

告白をして振られてしまうときにやりがちなのが、感情で動いてしまい焦って告白をしてしまっているということです。

 

好きな女性だからこそ、すぐにでも告白をして付き合いたいと多くの男性が感じていると思います。

この気持ちはすごくよくわかるのですが、一時の感情に流されて女性からOKの返事がもらえる状態でないときに告白してしまうと、女性からお断りの返事をもらう結果になりかねません。

しかも、告白は基本的に1回しかできないビックイベントですよね。

この1度のチャンスを確実にモノにするには、直感で判断せず女性にOKの返事がもらえるなと確信してから告白をすることが重要です。

 

下記の授業では、女性との別れが近く告白までの時間に余裕がない方向けてお話しをしています!
職場の女性が転職してしまうので、それまでに告白をしたい・・・このような方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ポイント②:脈ありか確認するテクニックを使用する

デートで女性に告白をするには、女性があなたに対して脈ありかどうかを確認するテクニックを使い告白をしても大丈夫なのか判断する必要があります。

ただ、このお話しをすると、

 

どうやって脈ありかどうかを確認するの?

 

って思われるかもしれません。

女性が脈ありかどうかを判断するには、女性のリアクションを見ていくのがベストになります。

デートの中で女性に対してなんらかのアクションをして、その女性のリアクションを確認して告白が可能かどうかをチェックしていきます。

 

下記の授業では、女性のリアクションから告白ができるのかできないのかを判断するためのチェックするための方法について解説しています!
告白を考えている女性がいる方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ポイント③:告白されるのではと女性に気づいてもらう

ポイントの3つ目は、女性に告白することに気づいておいてもらうということです。

 

女性に告白することに気づいておいてもらうってどういうことだよ!

 

って思われるかもしれませんが、よくありがちなパターンとして告白をして、

 

「少し考えさせて・・・」

 

って言われてしまうパターンです。

このパターンになってしまうと、女性に連絡を取るのも気まずくなりますし、仮に同じ職場の女性だとしたら毎日職場で顔を合わせるのも気まずいですよね。

 

また、女性に考えさせる時間を与えるのもあまり良いことではありません。

なぜなら、告白の答えを出すまでの時間が長くなるほど、あなたのことでストレスを与えてしまう時間を作ってしまうことになりますし、考えることに疲れたら、

 

「なんか疲れたし、やっぱり断ろう・・・」

 

なんていう面倒だから断ろうなんて思われてしまうリスクも高くなります。

 

では、そんな「ちょっと考えさせて」となってしまう原因はどこにあるのかというと、それが「告白をするときにびっくりさせてしまい心の準備ができていないから」です。

ようするに、

 

(あ、私今日のデートで告白されるかも・・・)

 

という雰囲気をあらかじめ出しておくと女性もデート中に心の準備ができますし、デート中にあなたと付き合うかどうかを考える時間を作ることができます。

そこで、今日告白されるかもしれないという雰囲気を演出する方法として、デート中に本気だと思われない程度に女性に好意を伝えることが有効です。

例えばこんな感じです。

 

 

「〇〇(女性のこと)って、本当に美味しそうにご飯食べるよね!」

「えー、何言ってるの?w食いしん坊とか言いたいの?w」

「いや、なんとなくそう思っただけ!wご飯をちゃんと美味しそうに食べられる女性って結構好きだよ!w」

 

 

あくまで例なのですが、このように告白をするデートの当日に女性に軽く好意を伝えておけば、女性との関係性にもよりますが、

 

(あれ、なんか今日告白とかされるのかな・・・?)

 

っていう雰囲気を出すことができるようになりますよ。

 

このように、女性に軽い好意を伝えるには女性との関係性がとても重要になります。
軽い好意を伝える前に、女性とかなり踏み込んだ話題で信頼関係を構築してからするようにしてくださいね!
下記の授業では、デートで女性に踏み込む会話について解説していますので、参考にしてみてください。

らくこい先生

関連記事

 

デートで告白を成功させるポイント3:告白をする環境を整える!

デート、告白6

デートで女性に告白をする時のタイミングについてお話ししてきましたが、この章では「告白をする環境」についてお話しします。

具体的には下記の通りです。

・告白をする場所について
・告白をするときのシュチュエーションについて

今まで告白をしたことがない方だと、どこで告白をすれば良いのかわからないと思います。

そこで、これから告白をするときの環境作りについてお話ししていきます。

 

告白をするときの環境ってかなり大事になってきますので、これからお話しすることを参考にしてみてくださいね!

らくこい先生

告白をする環境を整える①:告白をする場所について

デートで告白する場所については、できるなら他人がいないところがベストになります。

下記のような場所で告白をするのがおすすめです。

・人がいない公園
・おしゃれな居酒屋の個室
・高級なレストラン
・港町の夜の海辺
・観覧車の中
・どちらかの家

逆に、下記のような場所で告白をするのはやめておいた方がよいでしょう。

・うるさい場所
・人がたくさん通る場所
・駅のホーム
・遊園地など人気がいないトイレのそば
・大衆居酒屋
・LINEで告白

人が多い場所や、うるさすぎる場所で告白をすると女性も集中出来ないですし、ロマンチックな場所で告白をしないと嫌われる女性も存在します。

そして、告白するのは、デートで直接会っているときにするようにしてください。告白する勇気が出ないからLINEで告白しようなんて、LINEで告白をすると超高確率で失敗してしまいます。

こちらの記事はなぜLINEで告白しない方が良いのかについて詳しくお話ししているので参考にしてみてください。

また、下記の記事ではLINEで告白するための方法を解説をしています!LINEで告白すると失敗するのですが、どうしてもLINEでないと告白できない状況もありますよね!そんな状況の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

告白をする環境を整える②:告白をするときのシュチュエーションについて

デートで告白するために環境を整えるには、人が少なくロマンチックな場所を事前にリサーチしておく必要があります。

特に簡単でオススメなのが、オシャレな居酒屋で個室の部屋を予約しておくことです。これなら誰にも邪魔されずに告白をすることができます。

また、人によって住んでいる環境が違いますので、あなたが住んでいる地域の告白オススメスポットなどを調べてみるのもおすすめです。

例えば、海が近い地域の方なら夜の海辺で夜景を見ながら告白してもいいと思います。

友達に告白した場所などを聞いてみたり、あなたの住んでいる地域に適した告白スポットを探してみてくださいね。

 

デートで告白を成功させるポイント4:告白をするときのセリフについて!

ここまでで、告白できるタイミングを把握して、告白をする環境までを説明してきました。

最後のポイントとして、告白をする時のセリフについて解説したいと思います。

 

告白をするさいには、お願いではなく「付き合うことの確認」をするようにしましょう!

もっとわかりやすく表現すると、下記の例を比べてみてください。

 

お願いベース:僕と付き合ってください。
付き合うことの確認:〇〇のこと好きだから付き合おう。

 

違いがわかるでしょうか?

なぜ、告白のセリフがこのようにお願いベースではなく、付き合うことの確認になるのか今からお話しします。

 

告白する時のセリフに絶対的な答えはありませんが、私は告白を下記のように定義しています。

 

告白=付き合うために、お互いのことが好きだということを確認するための行為

 

どういうことかというと、多分一般的な告白の認識と比べると下記のようになります。

 

一般的な告白の認識=女性に好意を伝えて付き合うための許可を得る行為
らくこいの告白の認識=付き合うためにお互いのことが好きだということを確認するための行為

 

いかがでしょうか?

もっと簡単にいうと以下のようになります。

 

一般的な告白の認識=女性に付き合って欲しいとお願いをする(女性が上のポジション)
らくこいの告白の認識=お互いに好きなんだから付き合おう(対等のポジション)

 

このように告白を定義しているので、告白をするさいには

 

・女性にOKの返事がもらえると確信してから告白をする

 

ということをお伝えしてきました。

確かに、「告白=お願い」という認識であれば、もう好きで仕方がないから一か八かのギャンブル告白になるのも頷けますが、あくまで女性次第のギャンブルになってしまいます。

しかし、「告白=両思いの確認」という認識であれば、女性からOKの返事がもらえると確信してから告白することになるので、高確率で告白が成功するということになります。

なので、付き合えるかわからないけど一か八か告白をするというかたでしたら、「付き合ってください。」になりますし、一度しかないチャンスを絶対にモノにしたいという方でしたら、女性に告白をしてOKがもらえると確信してから「付き合おう」と確認するような告白になるということです。

 

下記の授業では、女性に告白をする時の言葉について詳しく解説しています!
告白でなんて言おうか迷っているという方は参考にしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

デートで告白:まとめ

デート、告白7

今回は、デートで告白をして高確率で成功させる4つのポイントについてお話ししてきました。

ここで一度まとめておきたいと思います。

 

  •  
  • 告白というのは、基本的に回しかチャンスがありません。中には2回目、3回目の告白で成功して付き合っているという方もいますが、できるなら1度の告白で成功させて付き合いたいですよね。

    今回の記事を参考にして頂ければ、あなたが告白しようと思っている女性と付き合える確率がグンって上げることができるようになりますよ。

     

    それではありがとうございました!

    らくこい先生

    この記事を書いている人 - WRITER -

    Copyright© らくこい学園 , 2019 All Rights Reserved.