ずっと寄り添う恋愛学校

すぱっと決まる『デートの日程調整』をする2つのステップとは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この授業では、

・デートの約束ができたのに日程がなかなか決まらない・・・
・デートの約束をもっとスマートにする方法が知りたい・・・
・デートの日程をもっと早く決めたい・・・

このような悩みのある方に向けてお届けします!

らくこい先生

デートの日程はどうやって聞いたら良い?

デートの日程はどうやって聞いたら良い?

今回は、誰でもできる「デートの日程を聞く2つのステップ」についてお話しします。

 

女性とデートをする時に、日程をどのように聞けば良いのか迷ったりしませんか?

断られたらどうしようって考えると聞きにくいですし、あとでLINEしようって引き伸ばして結局連絡しない…なんてことありますよね。

では女性とデートができる人と、できない人の違いはどこにあるのでしょうか?
やっぱり勇気があるかないかでしょうか…?

答えは、女性と直接会っている時に、デートの約束をして、すぐに日程の確認をすれば簡単に日程を聞くことができます。

 

日程を聞いてからデートのお誘いをするのではなくデートのお誘いをしてから日程を決めるということなんです。

デートの日程を聞くには、「デートの日程を聞く2つのステップ」を知っているか知らないかなので、これから2つのステップについてお話ししていきます。

 

デートの日程を聞くことが難しいと感じてる方は、難しく考えすぎている可能性があります。

女性とのデートの日程を決めるのはすごく簡単で、下記の2つのステップになります。

 

・ステップ1:デートの約束をする
・ステップ2:日程をその場で決める

 

以上です。

とても簡単ですよね。

 

 

ステップ1:デートの日程を聞くには先にデートの約束をする!

女性とのデートの日程を決めるステップ1として、女性とデートの約束をすることについて解説したいと思います。

デートの約束をするには主に2つのポイントがあります。

 

・LINEでデートの約束をしようとしない
・女性と会っている時にデートの約束をする

 

ということです。

それぞれ深堀してみます。

 

LINEでデートの約束をしようとしない

人間というのは基本的に行動をしない生き物で、エネルギーを使うことを後回しにする傾向があります。

LINEでデートの約束をしようとすると、女性からしたらデート自体がエネルギーを使う行為なので、後回しにしてしまい、結果的に既読スルーなんてこともあります。

なので、結果的にLINEでデートに誘うのは難しいんです。

 

マッチングアプリやカップリングパーティーなどで、「連絡先だけしか交換できない」「直接会っている時にデートの約束ができない」という場合はLINEで約束をする必要があります。

でも、マッチングアプリやカップリングパーティーで出会った女性とLINEでデートの約束をするのはそこまで難しくないんです。

なぜなら、女性も彼氏が欲しくて恋愛活動をしているからなんです。

なので、LINEでもデートの約束ができます。

 

ただ、職場などで知り合った片思い中の女性についてはLINEでのデートの約束が難しいです。

なぜなら、女性が恋愛をしたい、彼氏が欲しいという恋愛モードになっていないからです。

そのため、女性があなたに対して気がある状態であればLINEでのデートの約束も可能ですが、まだ気があるかわからないという状態なのであれば、直接会っているときにデートの約束を必ずするようにしてください。

 

女性と会っている時にデートの約束をする

女性にデートのお誘いをするときには、必ず対面しているときにデートのお誘いをしましょう。

このお話しをすると、

 

そんなの当たり前じゃないか!

 

って思われてしまいそうですが、実は結構できていない男性は多いです。

 

その証拠に、よく片思いの女性と連絡先の交換方法がわかりません。

 

なんて悩みを聞いたことがあるかもしれません。

なぜ、片思いの女性と連絡先の交換をしたいのかというと、LINEでデートの誘おうと思っているからです。

仮に同じ職場の女性であれば、連絡先の交換なんてしなくても直接会っているときにデートのお誘いをしてしまえば連絡先の交換なんてデートが確定した後に、

 

待ち合わせが不便だから連絡先交換しよう!

 

って簡単に聞くことができます。

 

また、先ほどもお話ししましたが、LINEでデートの約束をするのは既読スルーなどもあり難易度が高くなります。

なので必ず、マッチングアプリや街コンなど特殊な出会いの場であった女性以外であれば直接会っているときにデートの約束をするようにしてください。

 

片思いの女性をスマートにデートに誘う方法は下記の授業で詳しく解説しています!
これから片思いの女性にデートのお誘いをするという方は参考にしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ステップ2:デートの約束ができたらその場で日程を決める!

女性とデートの約束ができたら、その場で日程の調整をしてしまいましょう!

 

デートの日程を聞くときに3つポイントがあります。

 

・ポイント①デートの内容を決める
・ポイント②デートの日程を決める
・ポイント③日程があやふやになったら・・・?

 

それぞれ解説していきます!

 

ポイント①デートの内容を決める

らくこいでおすすめしているデートの提案方法は、会話が盛り上がっている流れで一緒にいきませんか?と提案することです。

この流れでデートの提案をすればかなり高い確率でOKの返事がもらえますし、デートの内容も大体決まります。

ただ、なんとなく

 

食事に行きませんか?

 

というお誘いにOKの返事をもらうことができたとしたら、デートの内容があまり決まっていない状態になります。

 

・どこに行くか?
・デートで何をするか?

 

などですね。

そこで、まずはデートの内容を決めてしまいましょう!

そうすることで、内容が魅力的であれば女性の中でのデートの価値が高くなりキャンセル率も下がります。

 

また後ほどお話ししますが、女性にデートの日程を聞いたときに日程をその場で決めることができないなんて言うリスクの回避にも繋がります。

 

ポイント②デートの日程を決める

デートの約束をして内容まで決まったら、その場で日程を聞きましょう。

 

せっかくその場に女性がいるのだから、日程も決めてしまった方が手っ取り早いですよね。

それに、日程だけを後ほどLINEで決めるということにしてしまうと、日程を決めるのに時間がかかり、そのままデート自体が流れてしまうということも十分にありえます。

なので、デートの約束をしたら日程までその場で決めてしまうことで、デートができなくなるというリスクを軽減できます。

 

また、デートの日程については、できるだけ早い日程をおさえることをおすすめします!

女性に魅力的なデートの提案ができている状態であれば、女性もあなたとのデートを楽しみにしてくれています。

ようするに、女性のテンションが上がっている状態であるといえます。

デートの日程が長くなるほど熱量が下がっていってしまうので、できるだけ早い日程で約束をして女性のテンションが上がっている状態でデート本番を迎えたいからです。

以上の理由から、デートの日程はできるだけ早めにしましょう!

 

〜具体的には〜

仮に月曜日にデートの約束ができたのであれば、最低でもその週の土日に約束をする。

仕事終わりの夜に食事デートをするのもおすすめで、土日を待たずにすぐにデートをすることができます。

夜の仕事帰りのデートもおすすめです!
下記の授業で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ポイント③日程があやふやになったら・・・?

デートの約束をして女性の日程の確認をしたところ、女性が、

 

「いま手帳持ってないので後で連絡しますね!」

 

と、その場で日程が決まらなかった・・・

このような経験は男性なら1度はしたことがあるのではないでしょうか?

 

これはどういう状況なのかというと、3つのパターンが考えられます。

パターン1:今週のスケジュールが本当にわからない
パターン2:誰かと大事な約束をしているがまだ日程が確定していないので他の予定を入れないようにしている
パターン3:デートをしたくないから予定がわからないという口実にしている

 

上記の3つです。

正直、パターン1、2については女性の日程が確定すればデートができる状態でです。

しかし、パターン3の予定がわからないという口実にしているについては、今回のデートはほぼ実現不可能です。

しかも、無理にデートの日程を決めようと迫ると、女性にフェードアウトされてしまいます。

 

このような時の対策方法としては、再度日程調整を試みて女性の歯切れが悪そうであれば時間を空けるようにしてください。

その間に、デートのことは一度忘れて女性とのコミュニケーションを計りながら信頼関係を構築することに全力を出しましょう。

女性と仲良くなってくれば、そのうち再度チャンスがめぐってきますよ。

 

LINEでしか連絡が取れない人の対応は?

LINEでしか連絡が取れない人の対応方法についてお話しします。

具体的には、

 

・シンプルなメッセージを送る
・複数人で出かける

 

ということです。

色々な口実をつけて、デートに誘うというテクニックもネットや本などで紹介されていたりします。

ただ、口実をつけるというのは「女性が迷っている時」につけるものだと私は思っています。

理由は、女性が迷っている時に背中を押してあげるために口実をつけてプッシュします。

だから、女性もその口実に乗ってくれて説得できるわけなんです。

なのに、女性が迷ってもない時にいきなり口実を話しても、迷ってないわけですから、あまり意味がないんですよね。

デートに誘っても来るときは来るし、来ないときは来ないわけなんです。

なので、シンプルに誘う方がオススメなんです。

 

では、これから、LINEでの対応方法について具体的にお話ししていきます。

 

シンプルなメッセージを送る

女性にデートのお誘いをするときは、シンプルなメッセージを送りましょう。

 

LINEであーだこーだ理由をつけてデートに誘うのも良いですが、シンプルにお誘いをした方が印象が良いことの方が多いです。

 

では実際にどれくらいシンプルなLINEを送れば良いのかお話しします。

デートの日程の聞き方の具体例をあげると、

 

(久しぶりに連絡する女性に)おつかれさま!最近調子どう?今度たまにはご飯でも行かない^^?

あなた

 

このくらいシンプルで大丈夫です。

逆に、「映画のチケット一枚余ってるんだけど、もったいないし良かったら一緒に行かない?」なんて送ってしまうと、女性にも「一緒に映画に行きたいからチケット用意したんだな」って、丸わかりですよね。

これだと、女性に女々しさを感じさせてしまい、印象を悪くしてしまう原因にもなります。

なので、あなたの言葉でなるべくシンプルにメッセージを送るということをしてみてください。

 

複数人で出かけるのもあり

お目当の女性を「飲み会」に誘うことで、2人でデートができない関係性でも、マンツーマンで会話をする機会を作ることができます。

 

2人でデートしたいと思うかもしれませんが、デートの誘いに失敗してしまうということは、女性が2人でデートをするのが嫌だということになるので、複数人で出かける提案をすることで、一緒に行ける確率を上げることができます。

 

その中で特にオススメなのが、「飲み会」です。
男女複数人で飲み会にして男性陣にお願いをしておけば、お目当の女性とマンツーマンで会話をすることもできます。

なので、2人きりでデートにいけないと思ったら、思い切って「飲み会」「イベントの企画」をして女性を誘ってみると、女性と会うきっかけを作ることができます。

 

日程を決めた後の対応

日程を決めた後の対応

デートの日程が決まった後の対応は、女性とあまり「LINEをしない」ようにしてください。

 

理由が2つあり、

 

1、デートの前にLINEをしすぎると好意の温度差を感じさせるから
2、デートで話す内容がなくなるか

 

ということが言えます。

1の「好意の温度差を感じる」とは、デート前に、あなたが女性とのデートが楽しみで仕方がないという感情が女性に伝わることで、女性が距離を置こうとするのです。

こうなると、下手したらドタキャンになる可能性もありますし、私個人的な経験ではあまり良いことがありません。

 

「デートが決まったからこそ毎日LINEをした方が良いのではないか?」

 

って、思いがちですし不安かもしれませんが、デート前のLINEは控えめにした方が良いです。

 

2の「デートで話す内容がなくなる」というのは、そのままの意味で、せっかくデートで直接会って会話ができるわけですから、わざわざLINEで会話をするのではなく、直接会っている時に会話を楽しんだ方が良いですよね、ってことになります。

 

では、どんなタイミングでデート前にLINEをすれば良いのでしょうか?
それが、

 

・女性のLINEが続いている時
・デートの前日に連絡する
・デートの当日に連絡する

 

になります。

それでは、デート前に女性にLINEを送るタイミングについて順番にお伝えしていきます。

 

女性のLINEが続いている時

女性がまだLINEを続けたいという意思が見られる時には、デートの日程を聞いた後でもメッセージを続けてOKになります。

 

この手のタイプの女性は、LINEなどでメッセージのやりとりをするのが好きな女性の可能性が高いので、LINEのやりとり自体はそのまま続けても、「重い」と思われることはありません。

 

なので、LINEでの会話が終わるまでは普通にメッセージは続けて大丈夫です。

 

デートの前日に連絡する

デートの日程を聞いた後で、LINEでの会話が終わった後は、「デートの前日にデートがあることの確認」のLINEをしてください。

 

基本は、デートの日程を1週間後くらいで設定して、その後はLINEのやりとりを止めて、前日に確認のLINEをする形がベストです。

具体的にどのようなLINEを送れば良いのかというと、

 

おつかれさま!明日ご飯行くの楽しみにしてるよ!〇〇時に××(アバウトな集合場所)でよろしく!

あなた

 

このくらいシンプルなLINEで大丈夫です。

場所に関しては、「〇〇駅で待ち合わせ」など、前日のLINEでは詳細な場所でなくても大丈夫です。

 

デートの当日に連絡する

デート当日の連絡は、「場所の詳細」をLINEするようにしてください。

 

デート当日の連絡は、女性のドタキャンを防止する役割があります。

女性に限らずですが、当日のドタキャンをしてくる人がいます。

そうすると、せっかくあなたがデート場所まで行っても長時間待たされてしまう可能性があり、時間を無駄にしてしまいます。

そうならないためにも、当日にLINEをしましょう。

 

では、どのようなLINEをすれば良いのかというと、「場所の詳細LINE」になります。

「今日よろしくね」、って当日にLINEをすると、前日にもLINEをしているのでクドイという印象を与えてしまい良くありません。

なので、「待ち合わせの詳細な場所」を決めるの忘れていたということにして、当日にLINEを送る理由を作ります。

具体的には、

 

おつかれさま!今日は、〇〇の××の前で待ち合わせしよう!

あなた

 

このくらいシンプルなLINEで大丈夫です。

これで、連絡が来れば良いですし、もし連絡がなく待ち合わせ時間より10分経っても連絡がこなければ帰ることができます。

私も、デートの当日に1時間待っても女性が連絡もしてこない、なんてことが何回かあったので、10分経ったら帰るなど、リスク対策は必要になります。

 

デートの日程の聞き方:まとめ

今回は、デートの日程の聞き方についてお話ししました。

一度まとめておきたいと思います。

女性と直接会えるのか会えないのかで、デートの日程の聞き方は少し変わってきます。

できれば、直接会っている時に誘えるとベストですが、最初は声をかけるのにも勇気がいりますし、大変かもしれません。

少しずつ慣れていくつもりで実践してみてください。

 

それでは、ありがとうございました!

らくこい先生

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい学園 , 2019 All Rights Reserved.