ずっと寄り添う恋愛相談所

【Q&A】3回目のデートでカラオケに誘い女性と距離感を縮めるには?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

【Q&A】デート3回目で夕食後カラオケに行くには?

【Q&A】デート3回目で夕食後カラオケに行くには?

今回は、ブログを見てTwitterからDMを頂いた方からの質問にお答えして行きたいと思います。

 

この方は、今までに2回のデートをして「脈あり」だと感じたため、3回目のデートの時にカラオケに誘い、さらに距離感を縮めたいということで、デートで「カラオケに誘う方法とカラオケでの立ち回り」について質問を頂いております。

 

結論から言うと、カラオケでの立ち回りは「単純に歌を楽しむ」「時間をとって深い会話をする」「引かれない」ということが重要です。

モテる男友達から、カラオケは2人だけの空間なのでイチャイチャできるし、距離も縮めやすいからと言う理由でカラオケに行くことをオススメされていますね。

確かにカラオケでは女性との距離がとても近く、より親密な仲になれる場所です。

 

しかし、下心を感じられてしまうと、今まで築き上げてきた女性との信頼関係を一瞬でぶち壊してしまう可能性もあります。

 

そこで今回は、デートで女性をカラオケに誘い、引かれないように親密な関係になれるような立ち回について質問に答えさせて頂こうと思います。

 

デートで夕食後、カラオケの誘い方は?

デートで夕食後、カラオケの誘い方は?

デートで夕食後にカラオケの誘うには、カラオケに行っても不自然ではないように布石を打っておく必要があります。

 

具体的には、

 

夕食後カラオケに誘うには

・カラオケが好きだとう話をしておく
・カラオケに誘って引かれないか確認しておく
・夕食の時間を早めに終わらせる
・時間が早いからカラオケ行こうと提案する

 

ということをしてください。

お互いにカラオケが趣味なら誘いやすいですが、そうでない場合は誘いやすくするための布石が必要になります。

付き合う前に、カラオケのような密室の空間に行くのは、女性からしたらハードルが高いです。

 

そこで、このハードルを超えるための布石が必要になります。

この布石をしておかないと、女性との関係性次第では引かれたり、体目的だと判断されて今まで築き上げてきた信頼関係も壊れてしまう可能性が出てきます。

 

なのでこれから、カラオケに誘っても信頼関係が壊れにくくする布石の打ち方についてお話ししていきます。

 

カラオケが好きだという話をしておく

カラオケに誘う布石を作るために、あなたがカラオケ好きだという話をしておくことが重要です。

 

いきなりカラオケというと、女性を警戒させる可能性がありますが、あなたがカラオケが好きで頻繁にカラオケに行っているという話をすれば、実際に女性とカラオケに行くときの理由を作れます。

 

あなたがカラオケを好きでもないのに夕食後にカラオケに行こうと言った場合は、

女性からしてみたら

 

なんでカラオケ好きでもないのにカラオケに行くの?下心で誘ってるんだな…

女性

 

って思われてしまいます。
こうなると、それだけで今までの関係性を壊してしまうという可能性があります。

そこで、夕食後にカラオケに誘った時に警戒心を与えるリスクを軽減できるように、あらかじめ、

 

「カラオケが好き」

 

ということを女性に伝えておくと良いです。

これにより、あなたがカラオケが好きということが女性に伝わっていれば、

 

単純にカラオケを楽しむだけなんだな

女性

 

ってことを女性にわかってもらうことができるようになります。

 

本当にカラオケに誘えるのか確認する

女性をカラオケに誘ってOKがもらえるか、誘う前に確認しておくと良いです。

 

では、確認の方法ですが、

 

カラオケに誘えるか確認する

・脈があるか確認する技術を使う
・恋愛話をしてカラオケに行っても大丈夫か確認する

 

カラオケに行くこと自体は悪いことではありません。

しかし、カラオケはナンパなど体目的で女性と距離を縮めるために使う場所という印象があり、付き合う前にカラオケに行くというと、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

 

そこで、重要になってくるのが、

 

・カラオケに誘っても引かれないくらい脈があるか?
・以前に付き合う前にカラオケに行ったことがあるか?

 

ということです。

恋愛話を通して上記のことを聴くことができれば、

 

・カラオケに誘っても大丈夫なのか?
・夜のカラオケはダメでもお昼なら平気なのか?
・付き合う前のカラオケ自体がダメなのか?

 

がわかるようになります。

例えば、恋愛話で、

 

(趣味の話をして…)俺結構カラオケとかすきで、元カノとカラオケ行ってたんだけど、〇〇はカラオケとかデートで行ったりする?

あなた

 

私もデートでカラオケ行ってたよ!元彼がカラオケ好きで!w

女性

 

このようなパターンであれば、なんとなくカラオケに誘っても大丈夫そうだなって感じませんか?

こうなった場合、付き合う前にもカラオケデートしてたのか聞いてみてください。

 

逆に、

 

(趣味の話をして…)俺結構カラオケとかすきで、元カノとカラオケ行ってたんだけど、〇〇はカラオケとかデートで行ったりする?

あなた

 

私カラオケ苦手なんだよね…彼氏の前で歌うのとか恥ずかしいじゃん…

女性

 

って言われたら、カラオケに誘うのは難しいってわかると思います。

 

 

恋愛話は、女性と付き合ったり仲良くなるためにとても重要な会話になります。

お互いのことを色々知っていくのに役に立つので、こちらの記事で詳しくお話ししているので、参考にしてみてください。

 

 

 

脈があるかないかについては、1からお話しするととても長くなってしまいますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

夕食の時間を早めに終わらせる

女性とカラオケにいくことができるという判断ができたら、夕食の時間を早めに切り上げてカラオケに行きましょう。

 

では、夕食を早めに終わらせるというのは、どれくらいの時間なのかというと、

 

18〜20時

 

の時間で夕食を済ませましょう。

もし、夕食が19:30〜21:00の時間になってしまうと、

 

もう、今日は遅いしまた今度にしよう

女性

 

と言われてしまう可能性があります。

こうなってしまったら、せっかくカラオケに行ってより距離感を縮めたいというプランが台無しになってしまいます。

そこで、遅くても20:00までには夕食を済ませてしまえば、流石に

 

「もう遅いから…」

 

とは言われないはずです。

女性のことを考えて、あまり遅くならないよう配慮してあげる意味でも、早めの時間に設定してあげてください。

 

時間早いからカラオケ行こうと提案する

先ほど「夕食の時間を早めに終わらせる」でお話ししましたが、夕食の時間を早めに終わらせれば、時間が早いからという理由で2件目のカラオケにいく提案ができます。

この時の誘い方のポイントとして、

 

誘い方ポイント

・1時間だけ行こうと提案する
・堂々とカラオケ行きたいと提案する

 

このポイントを意識して誘ってみてください。

まず、夜カラオケに行くということに対して抵抗を感じる女性がいます。

その女性に対して、

 

「1時間だけ行こう」

 

と行ってあげれば、そんなにおそくならずに帰れるし安心感を与えてあげることができます。

なので、カラオケに行こうという提案を断られにくくなります。

 

そして、カラオケに誘うときは堂々と

 

カラオケに行きたいから行こう

あなた

 

と提案してください。

よくわからないテクニックを使って提案したり、おどおどしながらカラオケに誘ったりせずに、

 

まだちょっと時間早いし、1時間だけカラオケ行かない?

あなた

 

このくらいシンプルに堂々と誘うのがポイントです。

もしこれで、

 

カラオケか…

女性

 

みたいに、行くのをためらっている感じの返事が来たら、

 

大丈夫だよ!パッと歌って遅くならないように帰ろう!

 

このように、女性の不安を消してあげるような言葉がけをしてあげると良いです。

 

カラオケデートでの立ち回り方は?

カラオケデートでの立ち回り方は?

デートで夕食後カラオケに行ったときの立ち回り方について覚えておくことで、女性に引かれるリスクを軽減しながら仲良くなれます。

 

では、具体的な立ち回り方ですが、

 

カラオケの立ち回り方

・まず男性から歌う
・女性が歌わないときは一緒に歌える曲を歌う
・恋人感を出すために女性と物理的な距離を近づける
・思い切った会話をしてみる

 

ということです。

いざカラオケに行った時にどうしたら良いのかわからず、何もできなかったり、ガッつき過ぎて女性に引かれてしまうことをしてしまったり、むしろカラオケに行かない方がよかったのではないか?

ということになりかねません。

 

そこで、これからカラオケに行ってからの立ち回り方について詳しくお話ししていこうと思います。

 

まず男性から歌う

カラオケに行ったら、まずは男性から歌うようにしてください。

 

女性同士でカラオケに行く場合と、男女でカラオケに行く場合の心理的障壁というのは大きく違い、女性はカラオケに入ってから多少なりとも警戒していますし、男性の前で歌を歌うのが恥ずかしいと思っていることが多いです。

カラオケって、一番に歌うのってちょっと勇気が必要だったり抵抗感があると思います。

それをあなたが先に歌うことで解消してあげましょう。

 

これで、女性も歌いやすくなりますよ。

 

女性が歌わない時は一緒に歌える曲を歌う

カラオケに行っても女性があまり歌ってくれない場合があります。

 

女性がカラオケで歌うのがあまり好きではなかったり、あなたがカラオケが好きだから一緒に行こうと提案してカラオケに行った場合はこのような現象が起きます。

この時の対処法として、女性と一緒に歌える曲を選んでください。

そうすることで、女性が歌うときのハードルが低くなりオススメです。

 

さらに、女性と一緒に曲を選ぶのはもう一つとても大きなメリットがあります。

そのメリットについて「恋人感を出すために女性と物理的な距離を近づける」でお話しします。

 

恋人感を出すために女性と物理的な距離を近づける

女性とカラオケに行った場合、何もせずに歌だけ終わってしまうパターンは避けたいところです。
そこで、意識して欲しいことで

 

女性との物理的な距離を近づける

 

ということです。

カラオケで部屋に通された時に、いきなり超接近して座るのはよくないですが、少しづつ距離を近づけていき、肩と肩がぶつかるすれすれくらいまで近づくことができると、より恋人感を演出することができます。

では、どのように距離を近づけていくのかというと、

 

一緒に曲を選ぶために近づく

 

ということです。

これなら不自然ではないですし、デンモクも小さいものなので物理的な距離もかなり近づくことができるようになります。

 

具体的には、

 

せっかくだから何か一緒に歌おうよ!

あなた

 

いいよ!

女性

 

お!じゃあ何歌う?どんなジャンルが好きなんだっけ?(ここで女性の隣に接近する)

あなた

 

これで、女性のすぐ近くに座ることができるようになります。

 

カラオケ自体を楽しむことができていたら、歌いながら盛り上がったり、軽く踊ってみたり、跳ねてみたり、肩を組んでみたりしてカラオケ自体を楽しむこともできます。

 

ここで、一つ注意点ですが、女性のバックの位置に注意してください。

女性とあなたの間にバックが置かれている場合、無理に物理的距離を近づけると引かれてしまう可能性があります。

このバックは、女性があなたとの距離を近づけすぎなくするための壁になります。

この壁を作り出されたということは、女性はあなたにそこまで物理的な距離を近づけて欲しくない、カラオケという場所で警戒している可能性があるということです。

なので、無理に物理的な距離を近づけないことで、女性があなたに対しての信頼度も上げることができますよ。

 

思い切った会話をしてみる

カラオケに行ったら歌うばかりではなく、カラオケにいる間の半分くらい時間をとって、女性と思い切った会話をしましょう。

 

思い切った会話

・デートの感想
・恋愛話からの軽い下ネタ

 

などを聞いてみると、さらに女性との距離感を近づけることができます。

では、それぞれについて詳しくお話ししていきます。

 

 

デートの感想

デートの感想というのは、その日のデートでも良いですし、今までのデートで、あなたのことをどう思ったのか聞いてみると、女性の本音を聞けたりします。

もし、好感触なら告白することも視野に入りますし、まだ完全な脈ありという訳でもなさそうなら、告白しないという選択肢があるので、慣れないうちはとても使いやすい会話になります。

聞き方としては、

 

今まで何回かデートしてきたじゃん、ぶっちゃけどう思ってた?

あなた

 

このような感じで、普段よりも思い切った聞き方にすると、女性も本音ベースで話してくれやすくなりますよ。

 

恋愛話からの軽い下ネタ

今までデートの中で恋愛話をしているかと思います。

その中で、聞けていなかった恋愛話を聞くことで、カラオケデートを盛り上げることができます。

 

恋愛話はなんでも良いのですが、今まで築き上げてきた信頼関係もあると思うので、かなり深い恋愛話ができるとなお良いです。

 

私の場合ですと、恋愛話をして盛り上がって「下ネタ」まで発展させたりします。

下ネタは、結構リスクがある会話ではあるので注意が必要ですが、下ネタができるとさらに女性との距離感を縮めてくれるので、下ネタをして引かない女性なら試してみるのもありです。

 

ただ、ドギツイ下ネタは厳禁です。

カラオケという密室空間にいるので、下ネタをするにしても軽くて引かれな程度にしておきましょう。

 

例えば、恋愛話で自然な会話の流れで、

 

(恋愛話の延長上で…)〇〇って、ファーストキスって何歳の時だった?

あなた

 

体感的な問題もあるかもしれませんが、このくらいならドギツイ下ネタではないですよね。

でも、キスって恋愛話からしたら若干グレーゾーンくらいの会話だと思います。

このくらいのレベルの下ネタなら、かなり思い切った会話でもありますし、女性のプライベートな会話なので、さらに距離感を縮めることができますよ。

 

カラオケでの歌はどうしたら良い?

<div class="voice l"><div class="voice-box"><div id="voice-l"><p class="txt"></p></div></div><p class="img"><img src=""https://www.rakukoi.com/wp-content/uploads/2018/10/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789-e1540593220854.png"">"あなた"</p></div>

カラオケデートでの歌については、主に2点に注意すれば問題なく対応することができるようになります。

 

具体的には、

 

歌についての対応方法

・選曲
・音痴だと思われないようにするテクニック

 

になります。

カラオケで、特に気をつけて欲しいのが選曲と音痴だと思われないようにするテクニックです。

この2点を注意すれば、歌に自信のない方でも難なく乗り切れるようになりますので、参考にしてください。

 

どのような曲を歌えば良い?

選曲については、お互いに知っている曲を選ぶのがベストです。

 

これについては、よくカラオケで歌われる曲を覚えておくことで対応することができます。

「カラオケ ランキング 男性」などでググってみると、みんなが知っているようなメジャーな曲が紹介されていると思います。

 

それらを参考にしたり、ジャニーズなどの有名アイドルグループの曲であれば認知度も高いですし、大半の女性受けも良いのでオススメになります。

 

逆に良くない選曲としては、

 

・女性が全く知らない曲
・アニソンを連発する

 

です。

女性が全く知らなくてもノリの良い曲であれば問題ないのですが、海外の曲で日本で有名でない曲を得意げに歌ったりすると、引かれる可能性があります。

 

そして、アニソンを連発で歌うのもあまり良くありません。

女性がアニメ好きでお互いの趣味であれば良いのですが、そうではない場合はアニソンばかり歌のうのは避けましょう。

 

2〜3曲くらいであればアニソンでも問題ないですよ。

 

音痴だと思われないようにするには?

音痴だと思われないようにするテクニックとしては、

 

音痴だと思われないコツ

・原曲を意識して音程を合わせる
・大きい声で歌う
・歌を楽しむ

 

音痴だと思われてしまう方の特徴としては、

 

・音程がずれている
・声が小さい
・原曲と違いすぎる

 

ということが多いです。

私も、歌が下手で人前で歌うのが苦手でした。

 

そこで、最低限として、

原曲を意識して音程を合わせるのと大きな声で歌うということを意識してみました。

それだけでかなり音痴が改善しました。

 

なので、もし女性の前で歌うことに自信のない方は、最近だと採点機能なども備わっているので、音程を合わせて大きい声で歌う練習をしてみてください。

これだけでもだいぶ違ってきますよ。

 

そして、一番大事なのが歌うことを楽しむということです。

女性とのカラオケデートでは、カラオケに集中するのが難しいかもしれませんが、まずはカラオケ自体を楽しんで思いっきり歌ってみてください。

これだけで不思議と音痴に聞こえなかったりしますよ。

 

デートでカラオケ:まとめ

デートでカラオケ:まとめ

今回は、TwitterのDMから質問をいただいたので、デートで夕食後にカラオケに行くための知識についてお話しさせて頂きました。

ここで一度まとめておきたいと思います。

 

まとめ

・カラオケに誘えるよう工夫をする
・お互いに知っている曲を歌う
・思い切った会話をする
・音痴だと思われないテクニックを使う

 

女性とカラオケデートに行けるなら、かなり深い関係になれていると思います。

特にカラオケでのデートは女性に警戒されやすい場所なので、ある程度の信頼関係がないと女性も来てくれません。

男性ならどうしても下心が出てしまったりすると思いますが、今まで築いてきた信頼関係を壊すことがないよう、注意しながらカラオケデートを楽しんでください。

 

それでは、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい , 2019 All Rights Reserved.