ずっと寄り添う恋愛相談所

デートでの気遣いで嫌われる?嫌われないための『7つの気遣い』とは

WRITER
 
デートでの気遣いで嫌われる?嫌われないための『7つの気遣い』とは
この記事を書いている人 - WRITER -

デートでの気遣いのやり方が間違っている?

デートでの気遣いのやり方が間違っている?

この記事では、誰にでもできる、女性に嫌われないための「デートでの気遣い」というお話しをします。

 

デートで女性に好かれたいと思い気遣いをしても、全然仲良くなれてる気がしない…、なんてことありませんか?

ネットや本を見ても気遣いの仕方っていっぱい載ってて覚えきれないし、何が正解なのかわからないですよね。

では、女性と仲良くなれている人と、気遣いをしても女性と全然仲良くなれていない人では、何が違うのでしょうか?

 

実は、全ての女性に気遣いをすれば良いという訳ではないんです。

気遣いをしてもらって嬉しい人と、気遣いをしてもらってもあまりうれしく感じない女性がいます。

 

そこで、「誰にでもできる7つの気遣い」を知れば、気遣いしてもらって嬉しい女性でも、気遣いをしてもらってもあまり嬉しくない女性にも、気遣いをすることができるようになります。

 

気遣いしすぎると逆効果になる?

女性に気を使いすぎることで「逆に女性に距離を取られてしまう」ことがあります。

 

女性全員にデートで気遣いをしないといけないと思っていませんか?

 

私は、そう思っていて、ネットや本にも書いてあったものを、自分が出来る限りの気遣いをしたことがありました。

 

・道路は自分から車道側を歩く
・お会計は女性がお手洗いに立っている時に済ませておく
・女性が行きたいところに連れて行ってあげる

 

などです。

 

でも、結果的にはLINEブロックまでされてしまう始末でした…

ネットや本に書いてある通りの気遣いをしたのにも関わらずです。

 

では、なぜそんなことになってしまったのかというと、「気を遣い過ぎたから」なんです。

あまり、デートで気遣いをしてしまうと、女性からしても、せっかく仲良くなるために、デートに来ているのに、仲良くなれている気がしませんよね。

 

「気遣いをしてくれているのは嬉しいけど、なんか疲れる…」

 

って、感じなんです。

 

デートって、お互いのことをどんどん知っていくための機会なので、デートで気遣いばかりしていると、女性からしたら、あなたの本音の部分が見えないし、あなたのことがわからないですよね。

だから、あまり気遣いばかりして欲しくないと思っている女性が多いんです。

 

ただ、レディーファーストって、言葉があると思うんですけど、気遣いをしてくれる男性が好きな女性ももちろんいます。

だから、気遣いをしたら嬉しい女性と、気遣いをされない方が嬉しい女性のどちらなのか判断して、どれくらいの気遣いをするのか判断していく必要があります。

 

女性のタイプで気遣いの有無を確認する

女性がデートで気遣いをして欲しいタイプか、それとも気遣いをあまりして欲しくないタイプかで、気遣いの有無を決めましょう。

 

気遣いが必要なタイプなら、一般的に言われる「レディーファースト」をしてあげる。

気遣いが不要なタイプなら、最低限の気遣いだけしてあげる。

ということです。

 

最低限の気遣いとは、このあとご紹介する、「効果的な7つの気遣い」でご紹介します。

ただ、気遣いをすれば良いタイプとしなくて良いタイプって、言われても、どういうことなのか、全然わからないと思います。

 

そこで、これから、デートで気遣いが必要な女性と、デートで気遣いが必要ない女性の特徴をお話ししたいと思います。

 

気遣いが必要な女性

気遣いが必要な女性は、割と「気の強い」女性です。

 

バリバリのキャリアウーマンであったり、しっかりと自分の考えを持っている女性には、気遣いをしっかりしてあげると喜ぶ傾向にあります。

髪の毛も、ふわふわしているよりも、ショートでストレートという、キリッとした髪型が多いです。

喋り方も、おっとりしているよりかは、ハキハキ話すタイプです。

一度まとめます。

 

気遣いが必要な女性の特徴

・気が強い
・自分の意見をしっかり持っている
・髪型はストレート系
・喋り方はハキハキ系

 

それとは別に、「男性に気遣いしてもらうのが当たり前」という価値観を持っている女性もいるので、その女性に対しても、気遣いをしてあげてください。

 

気遣いがいらない女性

デートで気遣いがいらない女性の特徴は、「大人しい」タイプの女性です。

 

気遣いが必要な女性と反対のタイプの女性と思ってもらえれば大丈夫です。

 

気遣いがいらない女性の特徴

・大人しい
・髪型はふわふわ系
・喋り方はおっとり系
・自分の意見を言うより男性に決めて欲しい

 

よく、ネットや本などで、「いじり」が有効なんて見たことはありますか?

この「いじり」をして有効な女性というのが、気遣いがいらない女性ということになります。

 

逆に、デートで気遣いが必要な女性に「いじり」をしてしまうと、嫌われてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

ただ、いくらデートで気遣いがいらないタイプの女性でも、最低限の気配りは必要です。

そんなことをいうと、「今、気遣いはいらない女性だって、言ってたじゃないか!」

って、言われてしまいそうですね(汗)

 

これは、気遣いというほどの気遣いは必要ないという意味で、最低限の気遣いは必要です。

逆に言えば、「最低限の気遣い」を覚えてしまえば、すべての女性に使うことができます。

その最低限の気遣いが、「効果的な7つの気遣い」です。

では、これから詳しくお話ししていきます。

 

効果的な7つの気遣い

デート中に気遣いをした方が良い女性と、気遣いをしない方が良い女性がいるといお話ししました。

 

今回お話しするのは、気遣いが必要不要に関わらずにできる「効果的な7つの気遣い」をご紹介します。

 

デートで気遣いが不要な女性と言っても、最低限の気遣いは必要です。

女性に気遣いをしているアピールをするのではなく、自然にやっているというスタンスで行う必要があります。

これから紹介する気遣いは、ほとんどの男性が、女性に無意識でデート中に気遣いしているであろう、内容になるので、気遣いが不要の女性にも使うことができます。

 

ソファー席を譲る

お店に入った時に、椅子とソファー見たいな組み合わせのお店って、結構ありますよね。

そこで、女性にソファー席を譲るということです。

 

だいたい壁側がソファー席で、通路側が椅子席になっていると思いますが、通路側の席の方が、人通りも多い分、危険も多いです。

だから、女性を守るという意味で、女性をソファー席に座ってもらいます。

 

デートでの気遣いという意味では、この座り方で良いのですが、デートの戦術的なところでは、色々な考え方があります。

 

〔デートで席のベストな選び方!重要な4つのポイントと理想の席は?〕でも詳しくお話ししているので、参考にしてみてください。

 

エスカレーターの立ち位置

エスカレーターの立ち位置は、かなり自然に気遣いができるのでオススメです。

 

ここで、エスカレーターでの気遣いについてお話ししようと思います。

 

エスカレーターでは、上りと下りであなたのポジションが変わります。

それがなぜだかわかりますか?

 

答えは、「女性が落下した時に支えてあげられるポジション」にあなたがいる必要があります。

 

なので、上りのエスカレーターなら、女性が前であなたが後ろ。

下りのエスカレーターなら、あなたが前、女性が後ろになります。

 

図で表すと以下の通りです。

 

 

これは、とても簡単にできる気遣いですので、実践してみてください。

 

歩くペース

歩くペースも自然と合わせることができる簡単な気遣いになります。

 

ペースは、女性と同じくらいかちょっと早めくらいで大丈夫です。

男性の方が、歩幅が広いことが多いですし、靴も歩きやすい靴を普段から履いています。

 

女性は、ヒールを履いていたり、歩きにくい靴を履いていることが多いので、ガンガンハイスピードで飛ばして歩くと、女性もついていくだけでやっとになってしまいます。

 

なので、基本は女性の隣を一緒のペースで歩くようにすれば、問題はありません。

 

女性の意見を汲む

女性の意見を汲むとは、ご飯にいく時に、「何を食べたいか女性の意見を聞いてあげる」ということです。

 

・ご飯だけでなく、映画を観にいくなら何を観たいか?
・お出かけするならどこに行きたいか?

 

このようなことを女性に聞いて、意見を取り入れてあげましょう。

 

ただ、注意していただきたいのが、なんでもかんでも女性に聞けばよい、という訳ではありません。

私も、勘違いしていて、女性に合わせてあげるという、自分なりの優しさから、すべて女性の意見を聞いていました。

ただ、これが失敗で、そのあとのデートに繋がったことが一度もありませんでした。

 

女性に意見を聞くと言っても、すべてを女性の意見に合わせるのではなく、あなたがある程度決めて、その中から女性に選ばせてあげるのがベストです。

 

例えば、食事に行くのなら、オススメを3つチョイスし、その中から女性に選んでもらうということです。

そてが、男性がするべき最大限の気遣いになります。

 

トイレに気を使う

女性は、男性みたいにトイレに行きたいと言いにくいです。

 

なので、あなたがトイレに行きたいからという理由で、トイレ休憩を作ってあげましょう。

女性に「トイレ大丈夫?」って聞くよりも、「トイレ行きたいから少し休憩しよう」

って、言ってあげれば、あなたがトイレに行っているうちに、女性も勝手にトイレに行きます。

 

会話中に携帯を見すぎない

これは、女性に限らずですが、会話中に携帯を見過ぎないように気をつけましょう。

 

きっと、2人で話しているのに、相手が携帯ばかり見ていたら、不愉快になりますよね。

私なら帰ります!w

 

デートは、お互いのことを知るためにしていることなので、お互いの歩み寄りが必要ですが、片方が携帯ばかり見ているようでは、歩み寄りどころか、相手に対して興味も持ってないんだと、態度で示しているようなものです。

 

ちょっと見るくらいなら、仕事の関係もあるかと思うので、許してもらえると思いますが、決して気持ちの良いものではないので、携帯ばかり見ないように注意です。

 

これは、時計についても同じです。

時間を気にしすぎて、腕時計ばかりみないようにしましょう。

相手からしてみたら、

 

「私とのデートつまらないのかな…?」
「そんなに早く帰りたいのかな…?」

 

って、思わせてしまいます。

 

女性のことに興味を持つ

最後に、デートの最大の気遣いは、相手に興味を持つことです。

 

相手に興味もないのに、他の気遣いなんてできないですよね。

相手に興味を持っているから、気付くんです。

 

・靴がヒールだから少し歩くペースを遅くしてあげよう。
・エスカレーターから落ちたら危ないから支えられるようなポジションにいこう。

 

など、相手に興味を持つからこそ、気が回せるようになります。

他の気遣いも、女性のことを考えていれば、どのような気遣いができるのかわかるようになりますよ。

 

デートでの気遣い:まとめ

今回は、デートでの気遣いについてお話ししました。

ここで、一度まとめておきたいと思います。

 

すぐにできる効果的な7つの気遣い:まとめ

・ソファー席を譲る
・エスカレーターの立ち位置
・歩くペース
・女性の意見を汲む
・トイレに気を使う
・会話中に携帯を見すぎない
・女性のことに興味を持つ

 

デートで気遣いをしないとって思うと、なんだか気構えしてしまいそうですが、今回お話しした、「効果的な気遣い7つ」を実践していただくだけでも、女性に喜んでもらうことができますよ。

それでは、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい , 2018 All Rights Reserved.