ずっと寄り添う恋愛学校

『仕事帰り』夜の初デートで失敗しない5つのポイントとは?

WRITER
 
『仕事帰り』夜の初デートで失敗しない4つのポイントとは?
この記事を書いている人 - WRITER -

この授業では、

・仕事帰りで夜のデートでできるだけ仲良くなる方法を知りたい
・仕事終わりしかデートの約束ができなかったけど女性と仲良くなれる?
・仕事帰りのデートで何をすれば良いの?

このような悩みのある方にお届けします!

らくこい先生

 

仕事終わり夜の初デートって具体的に何をしたら良いの?

夜の初デートって具体的に何をしたら良いの?お酒は大丈夫?

 

女性との初デートで土日でまる1日デートをしたかったけど、予定が合わずに仕事帰りの夜の時間にデートをすることになってしまうなんて悩みを持っている男性は多いかと思います。

 

できることなら土日を使ってまる1日デートに費やせたら良かったのにな・・・

 

って思うかもしれません。

実は、初デートであればまる1日デートをするよにも仕事終わりに1.5時間ほど食事デートをする方が女性と仲良くなれたりします。

 

簡単な自己紹介をしておくと、私は27年間全く彼女がいませんでしたが、25歳のときから恋愛について必死に学習し、3年間で30名以上の新規の女性とデートをして7名と付き合うことができました。

人数はあまり多くはないですが、二股をしていないので、期間的に正当な人数かなと思います。

 

そこでこの授業では、付き合う前の女性との夜の初デートのポイントを5つご紹介します!

この授業を受けていただくことで、女性との仲を進展させて次のデートのお誘いもOKの返事もかなり高い確率でもらえるようになります。

 

それでは、これから仕事終わりの夜の初デートについて解説していきます。

 

ポイント1:夜の初デートのオススメは居酒屋!

ポイント1:夜デートのオススメは居酒屋!

仕事帰りの夜の初デートにオススメなのはダントツで食事です。

食事と言ってもレストランなどではなく、お互いに腹を割って話せるような小洒落た居酒屋がおすすめです。

なぜ居酒屋がオススメなのかというと、初デートだからと行って高級なレストランだと女性が緊張してしまい会話がしずらいですし、かと言ってファミレスなどでは夜の雰囲気を台無しにしてしまいます。

よって、夜の雰囲気を味わえてフランクに会話も楽しめる小洒落た居酒屋がおすすめになります。

 

居酒屋がおすすめだという話をすると、なんかお酒の力を使って・・・下心があると思われないか心配だ・・・

 

このようなことを思う方がいるかもしれません。

しかし、その辺りは問題ありません。

社会人でしたら居酒屋に行くのなんて当たりまえの話ですし、

 

お酒も軽く飲もうよ!

 

ってあらかじめ伝えておけば引かれることもありません。

 

では、夜のデートで居酒屋に行く時の注意点は下記の5つです。

 

・予約しておく
・居酒屋の席に注意する
・料理はアラカルト注文にする
・お酒は次の日のことを考える
・お会計は男性が多めに払う

 

それぞれ深堀してみたいと思います。

 

予約しておく

夜のデートに誘うときは、お店の予約をしておいてください。

 

オシャレな居酒屋は混んでいることが予想できますし、混んでいて入れず違うお店に行くとなると、女性のテンションを下げてしまうリスクがあるからです。

私の経験ですが、女性とのデートでお店の予約をせず混んでいて入れないことが3回くらいありましたが、全員次のデートに誘うことができませんでした。

少しの手間で気になる女性と楽しく食事ができるので、予約は絶対にしておきましょう。

 

デートでは女性をリードしてあげることが重要です。
どのお店に入るのか?お店の予約はどうするのか?などは男性がデートのガイドになったつもりで女性をリードしてあげましょう!
これができるようになると、信じられないくらい女性に好印象に思ってもらうことができます!
下記の授業では、女性をデートでリードする方法について解説していますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

居酒屋の席に注意する

居酒屋に着いたら、席にも注目してみてください。

席についてオススメなのは、

 

・L字席
・カウンター席

 

になります。

一番オススメなのが、L字のソファー席なのですが、なかなか見つからないことが多いので、その時にはカウンター席に座るようにしてみてください。

一番よく見る席ってお互いに正面に向かって座る席だと思いますが、正面は敵対関係になり、お互いに相手の様子を見る席になります。

夜のデートは時間的に警戒されやすいため、L字席やカウンター席など、友達関係の席に座るようにしましょう。

 

では、夜のデートの席で個室や半個室はどうなのかというお話しをします。

夜の初デートでは、完全個室の席はオススメしません。

なぜかというと、初デートでは女性に警戒心が少なからずあるからです。

 

半個室については、L字の席に半個室席が多い傾向にあるのでL字席の場合であれば半個室でも大丈夫です。

初デートで対面席であれば半個室でも控えた方が良いです。

 

席の座り方については、こちらの記事で詳しくお話ししていますので、参考にしてみてください!

らくこい先生


関連記事

 

料理はアラカルト注文にする

居酒屋を予約してくださいというお話しをしてきましたが、最後にもう一つポイントがあります。

それが、料理はアラカルト注文にしましょう。

 

コース料理は勝手に料理が出てくるし、いっぱい料理を注文する人からすると料金的にもお得だったりするので、一見良さそうに見えますが、コース料理には意外とデメリットも多く、夜のデートでオススメできません。

なので、夜にデートをする場合は、コース料理ではなくアラカルト注文で料理を頼むようにしてみてください。

 

コース料理とアラカルト注文どちらが良いのかについてはそれぞれ意見が違ったりするかもしれませんが、初デートに関して言うとアラカルト注文がおすすめです!

らくこい先生

関連記事

 

お酒は次の日のことを考える

夜のデートで気になることの一つにお酒を飲んでも良いのか?というものがあるかと思います。

 

夜の初デートでいきなりお酒を飲むことで、女性に引かれないか不安に思うかもしれませんが、お酒は飲んでも大丈夫です。

むしろ、お酒を入れることにより、職場でしか話したことのない女性やマッチングアプリで出会った女性には、お酒の力を借りることでプライベートな会話がしやすくなります。

なので、お酒は有効に活用していきましょう。

 

ただ、次の日が仕事だったり女性がお酒が弱いなどの場合、無理にお酒を飲ませると嫌われる原因になりますので常識の範囲でお酒を楽しむようにしてください。

 

お会計は男性が多めに払う

デートでお会計をするときは、男性が多めに払うのがオススメです。

 

夜のデートで、お会計をどうすれば良いのか迷う方が多いです。

世間的には、男性が奢るべきなんて風潮がありますが、必ずしも男性が奢らないと行けないなんてルールはありません。

なぜなのかというと、女性の中には男性に気を使われたくなく、奢りを好まない女性もいるからです。

そのような女性に無理やり奢るのではなく、男性がちょっと多めに払うくらいがベストだと思います。

実際に私も彼女ができなかったときというのはカッコつけて奢っていましたが、今まで付き合ってきた女性には奢らずとも付き合えてきました。なので、

 

「男性が少し多めに払う」

 

という対応にすれば、キレイにお会計をすることができます。

 

お会計のときにもポイントがあり、あるポイントを見破ればスマートにお会計をクリアすることができます!
下記の記事で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ポイント2:時間は遅くなりすぎないようにする

ポイント2:時間は遅くなりすぎないようにする

夜に初デートをする時のポイントの2つ目として、時間が遅くなりすぎないようにするということを意識してください。

では、どのくらいの時間がオススメなのかというと、

 

19:00〜20:30

 

になります。

仕事帰りの夜のデートなら、19:00から居酒屋は難しいかもしれませんが、なるべく早い時間で設定した方が良いです。

 

理由としては下記の3つです。

 

・遅くなると次の日が気になり集中できない
・休みの前の日以外でも食事デートができる
・帰りに寄り道できる

 

それぞれ深堀してみます。

 

遅くなると次の日が気になり集中できない

仕事帰りの夜のデートだと次の日も仕事がある可能性が結構高いです。

そのため、デートの時間が遅くなると次の日の仕事のことを考えてしまい、デートに集中できなくなってしまいます。

これを避けてデート自体を楽しんでもらうためにも、時間を早めに設定しましょう!

また、デートの解散時間もあらかじめ告げておくと、女性も終わりの時間が見えているのでメリハリをつけてデートを楽しませることができます。

 

休みの前の日以外でも食事デートができる

時間を短めに設定すれば、次の日が仕事の日でも食事デートを楽しむことができます。

仕事終わりに短時間食事デートをしたくらいだと女性と仲良くなれないんじゃないの?

 

って疑問を持っている方もいるかもしれませんが、「単純接触効果」というものがあり、女性と顔を合わせるほど親近感が沸いていくので、短時間のデートでも問題なく女性と仲良くなれます。

また、短時間のデートであっても、あなたとデートをしたという既成事実を作ることができるため、他の男性との差別化にも繋がっていきます。

 

帰りに寄り道できる

これは後ほど詳しく解説しますが、夜のデートを短くすることで帰り道に寄り道をして帰ることができます。

 

帰りに寄り道なんてするくらいなら、食事デートをその分長くしてギリギリで帰れば良いんじゃないの?

 

なんて意見もあるかもしれません。

しかし、例えば合コンを思い出して欲しいのですが、合コンで彼女を作ってくる男性とかって決まって2次会に参加している印象ってありませんか?

仕事帰りの食事デートも同じで、ちょっとの寄り道をするだけで合コンでいうところの2次会みたいな演出をすることができるのです。

私の場合、デートの帰り道であることを2つやるようになってから、女性と付き合える確率が3割増になったと思います。

(正確には測定していないので個人の感覚です)

ポイント5で詳しくお伝えしますので、楽しみにしていてくださいね!

 

ポイント3:仕事帰りの夜の初デートを盛り上げる会話とは!

デート、夜10

仕事帰りの夜のデートでどのような会話をしたら良いのかについてお話しします。

仕事帰りの夜の食事デートでのおすすめの時間は1.5時間だとお話ししました。

なので、ある程度時間が限られている中で最大限女性と仲良くなるには、会話のレベルを意識して会話の流れを作っていくひつようがあります。

会話のレベルは3段階あり、女性との関係性によって会話のレベルを調整していく必要があります。

具体的には下記の3つのレベルがあります。

 

レベル1:雑談
レベル2:プライベートは会話
レベル3:踏み込んだ会話

 

例えば、マッチングアプリで知り合った女性と初めて顔を合わせる仕事帰りの初デートを想定してみます。

女性は初めてある男性を前に少なからず緊張と警戒をしている状態です。

この状態で女性と待ち合わせをして2〜3分くらいで、

 

「〇〇さんって前の彼氏とはいつ別れたんですか?」(レベル3:踏み込んだ会話)

 

こんな質問をしてしまうと、女性をより警戒させてしまいます。

このように、仕事終わりの初デートでは、女性との関係性を意識しながら会話を進めていくことがとても重要です。

 

初デートの会話の流れについては、下記の授業で待ち合わせ〜帰り道までの流れを詳しく解説しています!
気になる方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ポイント4:次のデートの約束を必ずする

ポイント3:次のデートの約束を必ずする

次のデートの約束は、必ずデート中に提案をするようにしてください。

 

次のデートの約束をするコツとしては、「会話が盛り上がっているときにする」ということです。

特におすすめなのが、女性が好きなことの話を振ってみるということです。

女性が好きなことの話はとても盛り上がりやすいですし、次のデートの誘いの口実を作りやすい話題でもあります。

例えば、女性の趣味が映画鑑賞であるとして、新作の映画の話題で盛り上がっているとします。

そのタイミングで、

 

今度一緒に行こうよ!

 

という提案ができれば、次は仕事終わりの夜のデートではなく、休日の1日を使ったデートをすることも可能になっていきます。

また、ここで1つポイントがあるのですが、次のデートの提案をしてOKをもらうことができたら、そこから次のデートのプランを一緒に考えてる時間を作ってみてください。

 

例えばこんな感じです。

デートの提案にOKをもらった直後の会話〜

「良いですね!一緒にいきましょう!」

「ありがとう!映画を観にいくのは次の土日とか空いてる?」

「土曜日なら大丈夫ですよ!」

「OK!じゃあ、土曜日に観に行こう!せっかくだから映画観た後また美味しいもの食べに行かない?」

「良いですね!映画館の周りにおすすめのなお店とかあったりしますか?」

「前に映画を観に行ったときに、イタリアンレストラン入ったんだけど、すごい美味しかったんだけど、そことかどうかな?(画像を見せる)」

「えー!イタリアン美味しそう!そこいきたい!」

 

このように、次回のデートのプランを一緒に考えておけば、デートのキャンセル率も劇的に下がりますし、何より女性があなたとのデートを楽しみにしていてくれます。

 

 

デートの誘い方については、こちらの授業でも詳しくお話ししているので、参考にしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

ポイント5:食事後に少しだけ話す時間を作る

ポイント4:食事後に少しだけ話す時間を作る

仕事終わりの夜のデートでは、女性と仲良くなるには少し時間が短いです。

そこで、デートの帰り道でさらに女性との関係性を進展させるためのポイントを2つご紹介します。

 

・デートのドタキャン率をさらに下げる
・特別な演出をする

 

以上です。

どう言うことなのか、深堀してみます。

 

デートのドタキャン率をさらに下げる

帰り道で、女性と次のデートの約束を思い出してもらい楽しみにしていることを伝えることで、さらにドタキャン率を下げることができます。

 

どう言うことかというと、女性の口からも次のデートに参加するという文言を言わせることで一貫性の法則が働きキャンセル率が下がるということです。

一貫性の法則と言うのは、一度自分の口から宣言をしたことを破ろうとすることに対して違和感を覚えて、できるだけ宣言通りの行動を起こそうとする心理のことです。

これを活用して、次のデートを一緒に楽しもうね!ということを帰り道で約束をしておくことで、次のデートのキャンセル率を下げることができます。

 

特別な演出をする

女性との関係性次第ですが、帰り道で特別な演出をすることでさらに女性との仲を進展させることができます。

かなりざっくり説明すると、合コンで2次会に参加するとさらに仲良くなれる、あれと同じようなイメージで考えておいていただければと思います。

オススメとしては、

 

食事の時間を1.5時間くらいで話が盛り上がっている時に切り上げて、そのまま帰り道で少しだけ遠回りをして帰る
ということをすれば、夜のデートを有効的に使うことができるようになります。

 

私の場合であれば、駅までの距離を最短ルートで帰るのではなく、10分くらい余分に遠回りをして帰ったりしています。

そのときは、デートの感想や女性の印象を話してみたり、いけそうだなって思ったときには手をつなごうと提案をしてみたりしています。

 

女性に告白するときも一緒に手をつないで帰ったという事実があれば、告白する時にも確信を持つことができますよね。

ただ、手をつながないと付き合うことができないという訳でもないので、無理に手をつなごうとしたら嫌われるので注意が必要ですよ!

 

下記の授業では、デート2回目で女性と手をつなぐことについて解説しています!
気になる方はチェックしてみてくださいね!

らくこい先生

関連記事

 

『仕事帰り』夜のデート:まとめ

夜のデート:まとめ

今回は、仕事帰りで夜のデートに失敗しないための4つのポイントについてお話ししました。

 

ここで一度まとめておきたいと思います。

 

 

デートが仕事終わりの夜になることって、社会人なら結構多いと思います。

なので、一度夜のデートについてのポイントを覚えておくことで、デートに慣れていない方でも自信を持ってデートに臨むことができるようになりますよ。

夜にデートすることに慣れていない方は、今回お話しした内容を参考に一度デートをしてみてください。

夜に何度か食事デートをして、1日使うデートをするという方法も結構おすすめだったりしますよ。

 

それでは、ありがとうございました。

らくこい先生

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© らくこい学園 , 2019 All Rights Reserved.